安倍内閣支持率推移・急落はおかしい?操作されてる嘘といわれる理由

「内閣支持率がおかしい、操作されている」「内閣支持率がおかしい、嘘だ」との声があります。

「内閣支持率がおかしい。操作されている!嘘だ!」と言われるのはなぜか?

内閣支持率の推移と、急落。

内閣支持率の推移や内閣支持率の急落がおかしいと言われる理由を解説します。

スポンサードリンク

内閣支持率の推移を見てみよう。

代表として、4社の世論調査の推移を見てみましょう。

今年に入ってから内閣支持率は、少しずつさがっています。

そして、6月に急落していますよね。

 

読売新聞Web版参照

 

安倍内閣の支持率と不支持率の推移
毎日新聞Web版参照

安倍内閣の支持率の推移

産経新聞Web版参照

写真・図版

朝日新聞Web版参照

 

スポンサードリンク

なぜ内閣支持率の推移、急落はおかしいの?

安倍内閣は今年に入ってから、様々なスキャンダルが報道されています。

森友学園、掛学園の問題。法相大臣、防衛大臣の失言、など、諸問題が浮き彫りになりました。

驚くような問題が明らかになり、連日の新聞、ニュース報道がありました。

しかし、こんなことがあったとしても、内閣支持率が10%も急落することは、無いと言われているんです。

世論調査の対象となった人達が、「安倍内閣を支持しよう。」

という支持者ばかりの母体から、「安倍内閣は嫌だ。」

という反内閣に母体が変わってしまったのではないか。という程の激しい変化なんです。

 

なぜ、内閣支持率が操作されている、嘘だと言われるの?

マスコミには政府寄りだとか反政府だとかがある。

それぞれ公平な立場で意見を言っていないのでは?と言われているんです。

また、政府の方が報道機関などに、圧力をかけているのではないか?とも言われています。

「こちらのマスコミは内閣に都合の良いことを言っている。」

「あちらのマスコミは、内閣に反感を持つような報道ばかりしている。」

という様に、マスコミの報道の仕方で、私達の気持ちを操作している。

誘導しているのではないか?!ということなんです。

スポンサードリンク

世論調査もおかしい

また世論調査の質問の仕方などもまずいのではないか?と言われています。

「安倍内閣は長期安定していますね。あなたはどうおもいますか?」

と聞かれたとします。長期間安定しているのは事実です。

「そうですね。安定は良いことだし、内閣支持かな。」

と内閣支持の意見を言ってしまう。

「この内閣、不祥事ばかり聞かれますが、あなたはどうおもいますか?」

「本当。悪いことをたくさん聞いた気がする。支持しないにしよう。」

という様に質問につられて答えてしまっている人がいるのではないか。

あまり政治に興味のない人や、内閣を支持するか支持しないか、で揺れている人も多いと思います。

質問の仕方に答えがつられてしまうとおもいませんか?

私自身、「おかしい、操作されている。」という声がたくさんある。とは思っていませんでした。

そして、注意してテレビや新聞をみてみました。

「このテレビ出演者は歯切れの悪いことばかり言っている。本当のことは言えないのかな?」

「なんだか大声で、自分の意見をいう人や、過剰で、私達をあおるようなことをいう人がよくでているな。」

などの疑問がわいてきたんです。

新聞やインターネットもそうなのかもしれない。と思う様にもなりました。

 

世論調査の数字が違いすぎる

もう一度先ほどの表をみて下さい。

同じ推移をしてはいても、同じ月の世論調査なのに会社によって結果が違いすぎませんか?

20176月の内閣支持率の数値を見てみました。

「支持する」は一番高いところでは、47.6%あります。でも、一番低いところでは、33%しかありません。

内閣支持率が疑われだしたのは、2015年頃だそうです。

大手マスコミによる内閣支持率は、約60%もありました。

しかし、同じ時期の地方紙では支持率は40%以下、もっと低い地域もあったのです。20%以上の差です。

 

先ほど見てもらった、47.633という数値も15%近い差があります。

「こちらは安倍内閣支持者ばかりの母体で、世論調査していないか?」

「あちらは安倍内閣は嫌だというアンチ内閣が母体のところで、世論調査していないか?」

という疑問が出てきませんか?

「あーーー何がなんだかわからない。何を信じていいの?」となってしまいます。

スポンサードリンク

これからも報道される内閣支持率や推移をどう考える?

では、今、大切なことは、何なんだろう?と考えました。

政府も報道もあくまでも、私達の代表であり、代弁者です。

日本が国民主権ということは私達一人一人がいるから、政治家は代表して意見が言えるんです。

私達が日々の生活で感じることがあるから、ニュースは私達の思いを代わりに言えるんです。

色々な事件が起きたり、知らなかった事実があるのはしようがないことだと思います。

気持ちも揺れますよね。

でも、私達は政治や報道に操作される側ではいけないんですね。

政治や報道を賢く利用できるようになる必要があるんですね。

今回の内閣改造の報道も見てみよう!

84日、第三次安倍内閣改造がありました。今、自分がみているニュースはどうですか?

新内閣をほめるだけの意見ばかり。批判ばかりの意見ばかりを取り上げていませんか?

できれば、ぜひ「私だったらこうしたかった。」「私の意見はこう言いたい。」

という気持ちも忘れないで、この内閣改造とその報道をみてみてくださいね。

 

 

次の衆議院選挙の日程・解散の可能性なども気になりますね。

衆議院選挙2017年-2018年次回はいつ?任期満了の日程予想

2017.07.04

 

スポンサードリンク

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です